毛穴詰まりの原因と取る方法|黒ずみの解消方法はコレ! – 毛穴詰まりの原因って一体何でしょうか?毛穴詰まりは間違ったケアで悪化させてしまうこともあります。悩みの多い鼻の毛穴詰まりや黒ずみの解消方法を紹介しています。

毛穴詰まりの原因は何?

毛穴の奥には皮脂を分泌する役割をもつ皮脂腺があります。
本来皮脂腺は肌に潤いやハリを与えてくれるものですが、肌の状態が悪いと、皮脂腺から皮脂が過剰に分泌され、毛穴詰まりの原因となります。

皮脂の過剰分泌は乾燥肌が原因の場合があります。
鼻や口の周囲、眉間や顎には皮脂線が多く、乾燥した状態では皮脂も毛穴にとどまってしまいます。
毛穴詰まった皮脂に、剥がれた古い角質が付着すると、粘着性を持つため溶かしだすことは出来なくなります。
埃や汚れ、化粧成分も毎日の洗顔やクレンジングでしっかり落とさずにいると毛穴を塞ぐことになります。
また、ターンオーバーの乱れや、角質層がダメージを受けると不要な角質が溜まりやすくなります。
このように、毛穴は、乾燥やターンオーバーの乱れ、摩擦などによる角質層のダメージなどが原因で詰まりやすくなります。

パックなどで毛穴の詰まりを取ると一時的に解消されますが、またしばらくすると詰まります。
毛穴詰まりを放っておくと、肌が黒ずんで見えるようになり、ニキビの原因にも繋がります。
毛穴詰まりの対策としては、毛穴を柔らかくし、詰まった角質を傷つけずに取り去る方法が良いでしょう。
角質は洗顔料やクレンジングでは落としきれないため、ピーリング剤などを利用し、丁寧に落とすようにします。
また、乾燥しないためにもしっかりと保湿を心がけることも大切です。

1keana

毛穴の詰まりを取る方法は?

毛穴の詰まりを取る方法は、実は身近なアイテムで行うことができます。
ワセリンは、リップケアや肌の保湿など、あらゆるケアができるアイテムですが、毛穴の詰まり取りにも効果的です。

剥がすタイプのパックとは違い、肌に負担をかけず、刺激がないのもポイントです。
まず、洗顔後の清潔な肌に蒸しタオルを当て、毛穴をしっかりと開きます。
ワセリンを気になる毛穴詰まりに厚めに塗っていき、洗い流さず、そのまま一晩置き、翌朝の洗顔で洗い流すという方法です。

ワセリンが、皮脂を柔らかくし、朝の洗顔で無理なく角栓を洗い流すことができます。
角栓が落とされると毛穴の詰まりが解消され、肌がワントーン明るくなります。
また、毛穴除去パックとは違い、肌に負担をかけず、刺激がないのもポイントです。
ワセリンもさまざまなタイプがありますが、敏感肌には白色ワセリンがおすすめです。
また純度の高いサンホワイトや病院で処方されるプロペトもあります。
自身にあったワセリンでぜひ気になる詰まりをケアしてみましょう。
時間も手間もとらず、気軽にできます。

2keana

毛穴詰まりは黒ずみになる?

毛穴詰まりによる黒ずみは、皮脂や古い角質などが溜まることで発生します。
肌は、洗いすぎや摩擦などのダメージによって保湿機能が低下してしまうと、自ら肌を保護するために不要な皮脂を生み出していきます。

その皮脂が毛穴を塞ぎ、詰まった角質や皮脂が酸化し、黒ずみになります。
毛穴の詰まり以外では、洗顔時の摩擦で刺激を与えることも黒ずみの原因になります。
スポンジや爪でゴシゴシと擦っていると、肌を傷つけてメラニン色素の分泌を促進してしまうのです。
刺激を与えると肌のバリア機能を低下させることにもなるので、洗顔は指の腹や手のひらで優しく洗いましょう。

入浴時の洗顔は、湯気で肌や毛穴ががやわらかくなり、角栓が取れやすくなるためおすすめです。
洗顔後は十分に保湿をして、肌を乾燥させないことが大切です。
乾燥肌はバリア機能の低下を招きますし、乾燥状態が続くと皮脂分泌が逆に増えてしまう場合もあります。
オイリー肌、乾燥肌のいずれも毛穴詰まりを招く原因となるので、正常肌を維持させてください。

3keana

ニキビの元になる?

加齢とともにホルモンバランスが崩れたり、体内循環の悪化によって肌環境も悪くなっていきます。
それにより、肌トラブルが増えていきますが、大人になってからできるニキビもその一つです。
肌は年齢と共に水分量が減少し、乾燥状態になりがちです。
それが肌バリアを弱め、メイクやホコリ、摩擦などの影響を受けやすくなります。
そして、古い角質や汚れが肌に残ることで毛穴詰まりを起こします。
毛穴詰まりを起こすと、本来排出されるべき皮脂などの老廃物がそこに溜まり、それによってアクネ菌が繁殖してしまうのです。

これがニキビの原因となります。
こうした状況を改善するには、汚れをしっかりと取り、保湿を心がけることが基本的なことになります。
まずは良く泡だてた石鹸で、その泡で汚れを吸着させるように洗顔します。
この時に、決してごしごしとこすらずに優しくマッサージするような感覚で行うことが大切です。
この洗顔方法で、泡に汚れが吸着され毛穴詰まりが改善されます。
洗顔後、開いた毛穴にしっかりと保湿成分を浸透させることで肌に潤いが戻っていきます。
潤いの戻った肌はターンオーバーが正常化され、ニキビなどの肌トラブルを改善していきます。
毎日のこうした肌ケアに加え、バランスのとれた食生活、適度な運動で体内循環を整えるなどをしていくことが大切です。

4keana

鼻の毛穴詰まりを改善する方法は?

鼻の毛穴の詰まりが気になるという人はたくさんいます。
毛穴に詰まっているのは皮脂だけではなく、主に古い角質が詰まっています。
皮脂であれば、オイルマッサージなどで溶かし出すことが可能ですが、角質は溶かすことはできません。
角質はタンパク質であるため、ピーリングや酵素系の洗顔料を使って取り除く必要があります。
鼻が毛穴のせいでイチゴのようになっていると、ついきれいにしたくてゴシゴシ擦ってしまうことがありますが、お肌によくないのでやめましょう。

毛穴の詰まりの原因は、古くなった角質が排出されないせいです。
お肌を擦ったり、熱いお湯で洗うことを繰り返していると、ダメージが蓄積されてターンオーバーが乱れてしまいます。
メイクや汚れがそのままになっているのも良くないので、毎日のクレンジングと洗顔もしっかり行いましょう。
鼻の毛穴の詰まりというのは、一日で取れるものではありません。
洗顔をしてお肌がきれいになったら、忘れずに保湿ケアを行いましょう。
化粧水で水分を与えたら、クリームなどの油分が入っているスキンケアでうるおいに蓋をしてあげるのがポイントです。
毛穴詰まりの原因になるからといって、油分を避ける人がいますが逆効果です。

5keana

毛穴の詰まりに気をつけたい

毛穴の詰まりによって、肌に影響を与える可能性があることがわかりました。
大人ニキビの元になるとも言われていますし、何とか対応していきたいですね。
大人ニキビといえば、顎ニキビが良く知られているところです。顎ニキビはこちらのサイトを参考にしてみると良いかもしれないですね。